フリーランス・個人向け税務ヒント
東京・有明の税理士ブログ

by Entim Consulting

個人向け税務ヒント

【持続化給付金】申請は、口座入力が意外と大変 #5

個人事業主に最大100万円の持続化給付金。
申請書の中で、銀行口座の入力が意外と大変でした。

特に通帳がない口座の場合は、下記をご参考に!

  1. 通帳がない場合、ネットバンキングのどの画像を提出すべきか、銀行のホームページで確認します。
  2.   
  3. 口座名義は、その画像に写る文字と整合するよう入力します。
  4.   
  5. 屋号名義の場合は、氏名と名義が「一致していない」を選択します。

1.画像(電子通帳)

各銀行のHPに、どの画像を申請用に使えばよいか案内が載るようになりました。「よくある質問」や「お知らせ」を見てみてください。

これなら通じるだろう!と思っても、通じないことがあります。適した画像をご準備ください。(主要銀行の例は、ひとつ前のブログを参考)

2.口座名義の入力

① 半角のみ入力可能です。ハイフンは「-」半角マイナスで。小さい「ャ」は大きい「ヤ」で。「・」は「.」半角ピリオドで。スペースも忠実に入力します。

② 名義が長すぎて、画像に写りきらない場合、写っている部分だけ入力します。入力した文字と、写っている文字が整合しないと、「不備」と判断されてしまうためです。

SMBCの画像例。名義は20文字まで表示。21文字以下を入力したら「不備」で再申請になりました。

3.氏名と口座名義の不一致

屋号名義の場合、「一致していない」を選択します。
屋号+氏名の場合も、「一致していない」を選択します。

今回紹介したような「不備」があると、事務局からメールが届きます。即修正しても、またチェックしてもらうまでには1~2週間かかります(5月時点)。スムーズな給付のためには、チェックする方に矛盾を感じさせない申請書づくりが第一です。

■Official sources
持続化給付金 – 通帳の写し
持続化給付金 – 「よくある不備」について